2018年11月16日

「JWOOD工法」による組み立て

もっとも、どんなにすぐれた集成材を使用し、接合技術の標準化が進んだといっても、実際に木材を接合する金物がしっかりとしたものでなければ、安定した品質を確保することはできない。そこでN社が採用している「JWOOD工法」では、接合する金属として、同じくウッドワンが選定している「JK金物」を選んだ。「JWOOD工法」による組み立て



Posted by 西山 圭吾  at 16:40 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。